おしゃれの低年齢化

今や化粧は大人の女性だけのものでなく、どんどん低年齢化が進んでいます。人気アイドルや子ども向け雑誌による化粧の紹介や、100円ショップなどで安く手軽に手に入れられるという環境も関係しています。

化粧品に含まれる化学物質やピアスなどの金属が皮膚に触れると、かぶれたり接触性皮膚炎の第一段階である「感作」を起こしたりします。 すぐに症状が現れなくても将来かぶれが起きる危険性もあるといいます。
化粧・ピアス・パーマ・カラーなどのおしゃれをすることで引き起こされるそういったトラブルを「おしゃれトラブル」といいます。

成長過程にある子どもの皮膚は柔らかくて乾燥しやすく傷つきやすい構造です。特に小学生から中高生の思春期にかけては肌質が変わりやすく刺激を受けやすいようです。

体の事やおしゃれ用品について正しい知識を持つことが大切です。
見た目ばかりを優先させるのではなく、おしゃれの問題点や危険性を保護者の方から子ども達へきちんと伝えることが大切です。

ひろこ