七五三

自分の周囲の方のお子さんやお孫さんが今年七五三だと耳にしました。
七五三は子どもが3歳・5歳・7歳になった時、その成長を祝い健康を祈る行事です。
由来は5代将軍徳川綱吉の長男・徳松君の健康を祈って始まったとされる説が有力です。元々は関東圏における地方風俗でしたが、京都・大阪でも行われるようになり、だんだんと全国に広まっていきました。

七五三のお祝いをする年齢は男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で旧暦の数え年で行うことが正式ですが、現在では満年齢で行う場合も多いようです。
それぞれの年齢のお祝いには意味があるようで、3歳:髪置き…髪を伸ばし始める儀式、5歳:袴着…初めて袴を着る儀式、7歳:帯解き…初めて帯をつけて着物を着る儀式です。

七五三というと11月15日ですが、旧暦で11月は田畑の収穫を終え神様に感謝する月であり、15日は「鬼宿日」という鬼が出歩かない日にあたり、何事をするにも吉であるとされました。また、七五三を全て足すと15になるからです。現在は10月か11月の土・日・祝日に行う家庭が大半です。
埼玉・千葉・茨城では七五三が派手なところもあり、友達の子どももホテルでお色直し・キャンドルサービスなど結婚式の披露宴のようでした。

自分としては男の子ばかりだったので、もし女の子の孫ができたら精一杯飾りたて、息子達がお世話になった天神様にお参りに行くことが夢です。

ひろこ