東京150周年

今年は東京いう地名が江戸から東京に改称されて150年という節目の年にあたり、東京では各地でイベントが行われています。

1868年に江戸から東京に変わるのですが、最初は「とうきょう」ではなく「とうけい」と読んでいたそうです。
翌年、都が京都から東京に移されて東京府となります。しばらくして15区に分かれて東京市になりました。またしばらくして市域が拡張され、東京府と東京市が統合して東京都になったそうです。

私が子どもの頃、東京都の県庁所在地は「東京」と習いました。東京という地名はないのになー、と疑問に思っていましたが、最近では都庁から発表があり、新宿区に訂正されたそうです。

東京都は世界的に見ても巨大都市というイメージがありますが、西部地区には自然が多く残され、島も数多くあります。
これからも文明と自然が共存していく都市になっていってほしいものです。

みのる