同時感染

3歳の息子が今、流行りのインフルエンザにかかってしまいました。検査の結果はごくまれなA・B型同時感染だそうです。

インフルエンザはA・B・C型とあり、一般的に冬に流行するのはA型・B型です。A型は38℃以上の高熱・悪寒・関節痛など比較的症状が重くでる傾向があり、B型は下痢や嘔吐などの消化器症状がでることが多いそうです。

流行時期としては、A型が12月くらいからなのに対し、B型はA型が終わった2月から3月くらいと言われていましたが、近年ではB型の流行が早まってきたため、うちのように同時感染する例もでてきたそうです。
お医者さんに聞いてみると、同時感染したからといって症状や治る長さが2倍になるわけではなく、2種類のウィルスに感染した場合は強い方のウィルスが優勢となるため、もう一方は不顕性感染といって症状が出ないそうです。

息子を見てみると症状はそれほど重くはないですが、感染が怖いので食事は別にし、タオルやオムツの処理にもかなり気を使いました。
最初に同時感染と聞いた時はかなり不安になりましたが、今は1回で2種類の免疫が獲得できると前向きに考えています。
自分も手洗い・うがいをしっかりと行い、バランスの良い食事や睡眠を心がけ、体調管理に気を付けたいと思います。

よう