成長の記録

今年は我が家に子どもが生まれたので成長の記録をしようと思い、手帳を一冊準備していました。
その手帳を振り返って見直してみると、生まれてから2、3ヶ月は「○月×日寝返りをする、指をしゃぶる…」など細かく記入していたのですが、 6ヶ月くらいになると「今月はハイハイができるようになった」などまとめて簡潔な記入になり、この2ヶ月くらいではたくさんの変化があったにも関わらず書くのを忘れて、 何も書きとめていませんでした。

仕事中での話になりますが、もう何ヶ月もいらしている患者さんが、ふくらはぎがよくつるということだったので「リハビリの待ち時間に病院のストレッチングボードを使って下さいね」という話をしました。 私は初診の段階でストレッチの説明はしていると思っていましたが、一度も聞いたことがないということでした。 もう何か月もいらしていて、待ち時間もたくさんあっただろうと思うと反省しました。

成長の記録もそうですが、仕事を後回しにしようとすると、正確でなかったり、もれがでたりしてしまいます。 その時にできること、気づいたことはなるべく早く対応することが大事だと改めて感じました。

のりお