日光で肥満を防ごう

秋といえばスポーツの秋、読書の秋など色々ありますが、今回は食欲の秋について注目してみます。

なぜ秋に食欲が増すのか諸説あるようですが、今一番言われているのが「日照時間減少によるセロトニン分泌の低下」だそうです。
セロトニンは精神を安定させる作用の神経伝達物質で、食欲の調整にも関わっています。 セロトニンは日光にあたった時間により分泌量が調整されるので、日照時間が少なくなる秋は夏に比べセロトニンの分泌量が減少してしまいます。

日光にあたる以外にセロトニン分泌量を増やす方法は、糖質・タンパク質の摂取や睡眠をとることなので、 秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、精神の安定を保とうとするためだそうです。

では、たくさん光を浴びればいいのかと部屋の明かりを煌々とつけて過ごせばいいかというとそうでもありません。 明るさを示す「ルクス」を比較すると、どんなに明るく見える室内照明も野外の大雨の日にすら及ばず、 晴れた日の明るさと比較すると1/200にも満たないそうです。

食欲をコントロールするためにも室内にこもらず、積極的に外に出て気分転換をしていきたいと思います。

よう