今年は例年以上に柿を頂くことが多く、毎日のように食しています。 柿について調べてみると、古来より生活に密接した果物だということが分かりました。

柿は日本が世界に誇る果物のひとつで、古い文献にもその名を見ることができ、奈良時代にはすでに販売されていたそうです。
柿の学名は「ディオスピロス・カキ」。「神が与えし食べ物・柿」という意味で「judo」や「bonsai」と同じように日本語がそのまま英語になっているパターンのようです。
現在日本には1,000種類以上の柿があり、その内700種あまりは「渋柿」です。 ご存じの通り渋柿は干すことで渋みが消えます。 これは渋みの成分であるタンニンが乾燥し、不溶性に変化することで口に入れても溶けず渋味を感じなくなるからだそうです。

昔から「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれ、そのパワーは折り紙つき。 まずなんといってもビタミンCとAが豊富に含まれている点で風邪予防、疲労回復、老化防止、美肌効果などが挙げられます。 またアルコール分解や利尿作用を促し二日酔いにも効果があったり、食物繊維のおかげで便通を促し腸の調子も整えてくれます。
干し柿のまわりについている白い粉は果粉とブドウ糖の結晶で、これを集めたものを「柿霜(しそう)」といい、咳・タンに良いとされています。
また実だけでなく、柿のヘタを含む漢方薬「柿蒂湯(していそう)」は胃を温め、しゃっくりを止める効果があるとして有名です。
柿の葉はビタミンCが豊富でレモンの20倍あり、熱に強い性質から煎じてお茶にして飲まれる方も多く、葉に含まれるフラボノイドの一種により鼻炎対策としても効果が期待できます。

昔の人々は熟していない柿を絞って「柿渋」にし、これを塗布することで防水・防腐・補強に使用していたそうです。 漁に使う網に塗ったり、和紙に塗ったり、傘に塗って雨を弾いたりすることにも利用したり…と余すことなく使われていました。

まだまだ私の手元にも柿があるので、この様な柿の恵を頂いて元気に過ごしたいと思います。

あきこ