甘酒パワー

冬のイベントがあるとその会場でこの時期ならではの、甘酒の看板を見かける事があると思います。 個人的にはあまり好きではないのですが、最近甘酒は体にいいんだよ、という声を耳にしたのでそのパワーについて調べてみました。

甘酒の製法には2種類あって、1つは米麹を発酵させて作る方法、もう1つは酒かすを溶かして砂糖を加えた方法があるそうです。 一般的には手間がかからない酒かすで作られた甘酒が流通していますが、米麹を使用した甘酒は発行の段階で自然な甘みがでるので砂糖を使わずカロリーが抑えられるとのことでした。

どちらも栄養が豊富で、その栄養をあげてみるとビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・食物繊維・オリゴ糖・システィン・アルギニン・グルタミン酸などのアミノ酸・ブドウ糖などがあり、 これらは栄養剤として使用される点滴の栄養素とほぼ同一の内容であることから、甘酒は飲む点滴と呼ばれるそうです。

甘酒の効果としては、美肌効果、強い日差しなどでダメージを受けた頭皮や髪を若返らせる効果、脂質の代謝を促進させるビタミンB群が豊富なため脂質燃焼効果、 疲労回復、夏バテ防止効果、麹由来の食物繊維やオリゴ糖により腸内環境を整えてくれる効果、食前や空腹時に飲むことによって空腹が満たされるためダイエット効果も期待されているとのことでした。

寒い時期に体を温めてくれる飲み物というイメージしかなかったのですが、こんなにも様々な効果が期待できることを知り、今年は甘酒を飲んでそのパワーを実感してみたいなぁと思います。
最後に飲み方として、甘酒の独特の風味が苦手な方は生姜を少量加えたり、豆乳で割ると風味であるクセが和らぐので飲みやすくなると思います。
みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

あやか