還暦のお祝い

私の父は1月1日の元旦が誕生日なのですが、毎年新年の挨拶に気を取られ、おめでとうを言うのを忘れがちになってしまいます。 しかし、今年は父が60歳になり還暦を迎えたこともあって、忘れずにお祝いの言葉が言えました。 この前の日曜日に家族で食事に行き、還暦のお祝いもしました。 そこで還暦について少し調べてみました。

還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから、元の暦に戻るという意味でこのように呼ばれているそうです。
干支というと子・丑・寅・卯…を思い浮かべると思いますが、正確には十干と十二支を組み合させて形成されているそうです。 干支は「十二支」の12種類と「十干」の10種類があります。この組み合わせが60種類あることから、干支が一回りするのが60年になるそうです。

日本における還暦のお祝いでは、本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこなどを贈るそうです。 かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、産まれた時にかえるという意味でこの習慣があるそうです。

この前のお祝いでは、頭巾やちゃんちゃんこは普段使えないので帽子をプレゼントしました。 父も60歳になり定年を迎えたのですが、もう少し働くそうなのできちんと労わっていきたいと思います。

ひとみ