鏡開き

今日は鏡開きの日なので鏡餅と鏡開きについて調べてみました。

一連のお正月行事というのは、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事ですが、お迎えした年神様の居場所が鏡餅だそうです。

年神様がいらっしゃる間を松の内といいますが、年神様がいらっしゃる間は鏡餅を食べてはいけないので、松の内が明けた11日に鏡開きをします。松の内を15日とする関西等では鏡開きを15日または20日に行う場合が多いそうです。
そして年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、1年の無病息災を願うそうです。

我が家では毎年鏡餅を飾るものの、11日を過ぎても飾ったままな事があったので、今日はちゃんと鏡開きをし、1年の無病息災を願いたいです。

しほ