いいごはん

私が中学生の時に世界数学協会が世界で解けていない数学の問題7問を発表して、その一問ずつに賞金100万ドルを賭けました。その100万ドル狙いで何人かの友達と数学の先生で「数字研究会」(数研)を立ち上げました。

おそらく最初に解かれるであろうと言われていた「リーマン予想」の問題に取り組もうとしましたが、問題の意味すら理解できずに、数字ゲームをするようになりました。

特に流行ったのが電車の切符に書かれている4ケタの数字を四則計算(+、-、×、÷)を使って「10」にするゲームでした。
どの組み合わせが難しくて解き方が美しいかを2年間かけて探し出して、「1・1・5・8」(いいごはん)に行きつきました。
みなさんも頭の体操と思って解いてみてください。
初級問題は「9・9・9・9」です。

みのる

ヒント ※気になる方は括弧内を反転してご覧下さい。
「9・9・9・9」 → 「9×9=81
「1・1・5・8」 → 「1÷5=0.2