腰椎と腰椎の間にあり、脊柱のクッションとして存在する椎間円板への栄養補給は、脊柱の運動により盛んとなる。
運動により脊柱周囲組織への血流改善のみならず、椎間円板の新陳代謝も促す為、腰痛は軽減し、椎間円板の圧縮による神経への圧迫も軽減され、痛みは発生しにくくなる。

腰椎の運動により、水分と栄養代謝が促される。
腰椎運動のポンプ作用により、水分と栄養分が椎間板内に出たり入ったりする。