関節の安定性低下と関節に対する負荷増加

成長期

過度な運動は、骨組織に修復不能な障害を残す

中高年期

関節軟骨にストレスの少ない直線運動を中心に

横方向に踏ん張るような動きや、急激な方向転換は避ける

いずれの人も

常に筋肉を伸ばすストレッチングを多用する
ストレッチングの時間を長く丁寧に