1. 筋肉は収縮を繰り返したり、強く収縮すると筋細胞が障害される。
  2. 筋細胞の中から酵素やカリウムが細胞の外に漏れ、痛みとなる。
  3. 筋肉が痛む程度は、短縮性収縮よりも伸張性収縮に強い
    筋力トレーニング

    上げるときより下げるとき
    登山など

    登るときより降りるとき
  4. 筋肉は軽い損傷により肥大する。
  5. 筋肉痛は筋肉を発達させるために必要
    しかし2日以降も残る痛みは過剰
  6. 痛みの解消には、クエン酸の上手な摂取